コントロールケーブル

レバー操作等の力とストロークを遠隔伝達。
単に力を伝えるだけでなく、独自技術により操作フィーリング向上をも実現。

パーキングブレーキケーブル

フロントケーブルとリヤケーブルが連結され、運転席のパーキングブレーキレバーの操作力を後輪に伝えます。自動車用ケーブルの中では最も高荷重で使用されます。

  • 高効率技術
  • シミュレーション技術

トランスミッションケーブル


AT用:オートマチック車(横置きエンジン)のシフトレバーとトランスミッションの間を連結し、シフトポジションをトランスミッションに伝える働きをします。正確なストローク伝達が要求され、操作上のガタを極力小さくした構造になっています。
MT用:マニュアルミッション車(横置きエンジン)のシフトレバーの前後(シフト)・横(セレクト)各方向の動きを2本のケーブルでトランスミッションに伝えます。ストロークの伝達のみならず、シフトフィーリングを左右する重要な製品でもあります。

  • 高効率技術
  • 小曲げ技術
  • シミュレーション技術

ボンネットケーブル / フューエルリッドケーブル / ラゲージケーブル

運転席から、ボンネット・給油口・トランクを開けるための遠隔操作用ケーブルです。

パワースライドドアケーブル / ドアロックケーブル / ロックリリースケーブル

旧来よりあるウィンドウ開閉用ケーブルに加え、スライドドアの電動開閉車の登場等により、多くのコントロールケーブルが使われています。

  • パワースライドドアケーブル
  • ドアロックケーブル

緊急解除ケーブル

EVなど電気式パーキングブレーキの採用が進む中、電気系統のトラブルによりパーキングブレーキが解除できなくなったときに備え、機械的に強制解除するケーブルです。高い気密性が求められます。

お問い合わせ先

コントロールケーブル製品に関するお問合せは、下記の電話番号までお願いいたします。

(東日本) 東日本営業所   TEL 028-680-2721
(中 部) 営業部      TEL 0561-32-9666
(西日本) 西日本営業所   TEL 06-6385-2788