藤岡工場 環境方針/目標

環境方針

基本方針

中央発條株式会社 藤岡工場は、シャシばね、精密ばね、コントロールケーブル等の製品およびケーブル用部品・材料を生産し、また新技術・新製品開発を展開しており、それらの生産活動・開発活動および製品が、地球環境に深く関連していることを認識し、環境管理システムを運用して、全従業員参加のもと、環境の継続的改善を推進する。

環境方針
  1. 環境に関連する法規・協定及び同意するその他要求事項を遵守するとともに、可能な場合には、自主基準を設定して環境の維持改善に取り組み環境に関する異常や苦情の未然防止を行う。
  2. 全従業員の参加のもとに環境保全の維持活動と継続的改善及び汚染の予防を推進するために環境目標を設定し、定期的に見直しを行う。
  3. 地球温暖化防止を図るため、省エネルギーに取り組みCO2排出量削減を推進する。
  4. 循環型社会を形成する「3R」の理念を尊重し、資源の有効利用と無駄の排除により廃棄物の削減を推進する。
  5. 地球環境保護として生物多様性および生態系の保護に努める。
  6. 地域貢献活動を通じた地域社会との共生に努める。
  7. この方針は、実効をあげるために工場で働く又は工場のために働くすべての人に教育し周知徹底する。
  8. この方針は、一般の人が入手可能である。

制定日:1998年6月 1日
改訂日:2017年4月1日
中央発條株式会社
藤岡工場長 榊原 鉄也

環境目標

  1. CO2排出削減の推進
    CO2排出量原単位を2018年度末までに2015年度比6%低減
    〔目標〕エネルギー消費原単位(電力・燃料)を2015年度比4%以上低減
  2. 総廃棄物量削減の推進
    総廃棄物量を2018年度末までに2015年度比9%削減
    〔目標〕総廃棄物量を2015年度比6%以上削減
  3. 異常苦情ゼロ
    〔目標〕異常苦情0件
  4. 水資源の有効活用
    水消費量を2018年度末までに2015年度比3%低減
    〔目標〕水消費量を2015年度比2%以上低減
  5. 汚染防止の推進
    ①水質汚濁防止(関連項目)常時、豊田市条例及び矢水協との協定値以下を遵守
    ②大気汚染防止(関連項目)常時、豊田市条例の基準値以下を遵守
    ③騒音・振動規制     常時、豊田市条例の基準値以下を遵守
  6. 開発のプロセス及び製品のライフサイクルにおける環境負荷低減
    開発段階での環境負荷低減の配慮
    有害物質の廃止・低減、軽量化・低消費電力化・省エネルギー工法の開発等
    〔目標〕設計部署の定めた目標値

制定日:2017年4月 1日
中央発條株式会社
藤岡工場長 榊原 鉄也