行動指針

企業行動指針

事業運営においては、企業倫理に即した企業行動に徹し、法令・ルール、社会的規範を遵守し、社会からの信頼にこたえられるよう企業の社会的責任を誠実に果たします。

社員行動指針

  1. 世の中から尊敬される「よき社会人」として行動します。
  2. 国内外の法令を守り、会社の規則に従って行動します。
  3. 一人ひとりがそれぞれの分野で高度な技術と知識を持ったプロフェッショナルになれるよう、研鑽します。
  4. 社会の発展に貢献する「魅力ある製品」を提供します。
  5. 地球環境の保全に心がけ、積極的な取り組みを行います。
  6. 公正かつ自由な競争の中で取引を行います。
  7. 企業を取り巻くさまざまな関係者とのコミュニケーションを円滑に行います。
  8. 国際社会の一員として世界各地の文化・習慣を尊重し、その地域の発展に貢献します。

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法 行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次の行動計画を策定します。

計画期間:平成29年4月1日~平成31年3月31日まで

目標1
所定外労働時間削減のための方策を実施する
(1人あたりの平均残業時間20時間/月未満)
目標2
平成31年3月までに年次有給休暇の取得促進のための対策を実施する
(年間取得日数平均15日以上)
目標3
若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供
目標4
育児休業中の待遇や労働条件等に関する周知

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律 行動計画

女性が安心して活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定します。

計画期間:平成28年4月1日~平成33年3月31日まで

当社の課題
育児・介護との両立支援による女性が働きやすい環境の実現
目標
(1)女性の出産を理由とする離職率5%以下とする
(2)有給休暇取得率平均15日以上とする
取組内容
育児・介護と仕事の両立支援のため、制度の周知及び研修機会の拡大を行う
女性活躍の現状に関する情報公表
10事業年度前に採用された労働者の男女別の継続雇用割合
総合職 技能職 一般職
男性 67.7% 65.5% -
女性 100.0% 44.4% 60.0%

                          平成28年4月1日現在